一括見積もり利用マニュアル

実録!一括見積もりやってみました

自動車保険の一括見積もりを実際に使ってみましたので、【完全ガイド】としてご紹介します。

今回使ってみたのは、株式会社ウェブクルーの『ズバット自動車保険比較』で、最大で21社の損保会社が参加している見積もりサービスです。

 

他にも生命保険、バイク保険、ペット保険、引越しなどの見積もり比較サイトを運営している、この業界では最大手の会社ですね。

 

このサービスはネット上でもちろん無料、そして24時間365日いつでも使えます。
入力個所の数は結構あるのですが、プルダウンメニューやチェックボックスなどで選ぶ項目が多いです。

 

あらかじめあなたが現在入っている自動車保険の証券を用意するのがおすすめ。あとは免許証もあるとスムーズに進められますよ。

 

見積もりサイトへはこちらからどうぞ。
最初は下記のページから始まります。

 

 

  • これがトップページです。右側の枠内にある「あなたの車のメーカーをお選びください」のプルダウンメニューからあなたの車のメーカーを選んでください。
  • それから「見積もりスタート」のボタンをクリックしてスタートします。

 

 

 

  • 車種名、初年度登録(新車として登録された)年月を選びます。

 

 

 

  • 前ページに続いて、あなたの車について記入していきます。保険証券を見ながら記入するのがスムーズです。
  • 年間走行距離は、正確に書こうとすると大変ですから概算でいいのです。車の距離メーターに表示されているトータルの走行距離を運転した年数で割った数字でOK。

 

 

 

  • ここから、今、あなたが入っている保険の内容について入力します。これも保険証券を見ながらが楽ですね。

 

 

 

  • あなた(保険の契約者)自身のことを入力します。

 

 

 

  • 引き続いてあなた(保険の契約者)自身のことを入力していきます。
  • ここで電話番号を記入しなければなりませんが、あとから勧誘電話が来ることは、私の経験ではありませんでした。
  • ごくまれにですが保険会社によっては電話があるようです。

  • メールアドレスは、PCのアドレスを記入しておきましょう。
  • ウェブクルーからのメールで各社の見積額を一覧表で見比べることができます

 

 

 

  • 主に車を運転する人と運転する可能性がある家族について記入します。

 

 

 

  • 車を運転する家族の生年月日、性別を記入します。

 

 

 

  • ここでは希望する保険の補償内容について記入します。いままでと同じ補償内容でいい時は、保険証券の内容をそのまま入力してください。
  • 補償金額の設定がよくわからない時は、右端に並んでいる「参考データ」ボタンをクリックしてください。いままで何が選ばれてきたかグラフ形式などでわかります。
  • とりあえず多く選ばれている金額、選択肢を設定しておくといいでしょう。

 

 

 

  • 最後の確認ページです。ここで見積もり依頼は終了になります。
  • 上記の画面のように今回は7社からの見積もりが出ることになりました。このように参加している保険会社全てから見積もりが出るわけではありません
  • あなたの入力した内容に最適な条件を出せるいくつかの保険会社に自動的に絞られます

 

 

 

  • 受付完了の画面です。この時点でほとんどの保険会社ではすでに自動的に見積もり金額は出ています
  • 一番下にあるバナーをクリックすると自動で作成されたマイページに行くことができます。(ID設定が必要です)
  • マイページには見積もり依頼内容が保存されていて、補償内容を変更して、簡単に見積もりし直すことができます。

 

 

 

  • これは見積もり完了直後のメール着信画面です。
  • このように各保険会社と利用した一括見積もりサービス(ウェブクルー)からのメールが一挙に来ています。
  • ここでまず見ていただきたいのは見積もりサービスのウェブクルー(info@bang.co.jp)から来ている、『お見積もり受付完了と即時試算結果のご案内【保険スクエアbang! 自動車保険】』というメールです。
  • このメールを開いて見ると、一括見積もり一覧表ページへのリンクがありますから、これをクリックしてリンク先のページを開いてください。見積もり一覧表のページを見ることができます。

 

 

 

  • これが見積もり金額が一覧表示されているページです。
  • 7社からの見積もり金額が出るとされていましたが、ここでは5社だけの表示です。他の2社は個別に見積額のメールが来ます。
  • ここに表示されただけでも画面を見て分かる通り各社の金額に大きな違いがありますね。最低額と最高額の保険にはほぼ2万円の差が!
  • 一部の保険会社はここから直接、保険会社へ行ってオンラインで契約できます。
  • 気になる保険があれば、その保険会社のサイトに行って、そこでさらに詳細な見積もりも依頼できます。

 

以上で一括見積もり【完全ガイド】の全てとなります。
見積もり後は、各保険会社からのメールと翌日以降に見積書がダイレクトメールとして郵送されてきます。

 

もし契約しないのであればメールもDMもそのままスルーしてしまっても問題はありません。
また、各社のメールや見積書をじっくり比較しながら検討する、っていうのもありですよね。

 

一括見積もりは完全無料のサービスですから、保険の補償条件などを変え、さらに見積もりをしてみるのもいいですね。

 

 

ここからすぐに見積もりして安い自動車保険を見つける

【無料】最大21社の自動車保険を一括見積もり