自動車保険 運転者 年齢

自動車保険の年齢制限

自動車保険の年齢制限は

  • 年齢制限なし
  • 21歳以上
  • 26歳以上
  • 30歳以上
  • 35歳以上

と一般的に分けられていました。

 

事故を起こす確率は免許取りたての若い人に集中して多いこと、そして20代から30代へと、事故率が徐々に下がっていくことからこのように設定されたのです。

 

自動車保険の年齢制限は事故を起こす確率が低い人ほど保険料が下がるという制度になります。

 

しかし、このままでは40〜50代、60代になっても同じ保険料となり、これ以上は下がることはありませんでした。

 

事故率という視点では、40代から50代がもっとも低くなるので、もっときめ細かく事故率を保険料に反映しようとする保険が増えています。

 

代表的なものは、テレビCMでもおなじみのセゾン損保「おとなの自動車保険」ですね。

 

保険料と年齢の相関図

 

このように、事故率を調べてみるとゆるやかなカーブを描いており、それにつれて事故率の低い世代ほど保険料も優遇しようというのは、自然な流れですよね。

 

他の保険会社との差別化という意味でもこの年齢制限を取り入れていましたが、近年は同様の保険が増えてきているようです。

 

自動車保険の年齢条件で注意すべきポイントは

例えば親が所有している車に、免許を取ったばかりの子どもが運転して事故を起こしたけれど、年齢制限が合っていなかったので保険料が支払われないというケースがあります。

 

この場合には子どもが免許を取った時点で、年齢制限を変更する必要があるのです。

 

年齢制限を付けている場合には、人にうっかり車を貸すのも注意が必要になってきます。

 

これはわずかな年齢の違いでも保証されないので気を付けないといけないことです。

 

意外とうっかりしがちになるので、きちんと自動車保険の年齢制限は見直しが必要です。

 

他の人が運転したりする可能性があるのなら、全年齢にしておくと良いかもしれません。もしもないなら、保険料節約のために年齢制限をつけても良いと思います。

関連ページ

自賠責保険と任意保険の違い
自賠責保険と任意保険の違いについてご紹介します。自賠責保険は車の購入時や車検時に必ず加入する必要があります。任意保険は文字通り加入は任意ですが現在までの多様な事例から加入は必須と言えます。
自動車保険の等級は事故によって変わる
自動車保険の保険料を決める大きな要素の一つに等級があります。正式にはノンフリート等級制度といいドライバーの事故歴に応じ保険料の割引・割増を適用するランキングのことです。
対人賠償保険は無制限?同乗者の保証は?
対人賠償保険は自動車保険にとって一番の目的といえるものです。対物賠償と並んで欠かすことのできないものとなっています。その対象、内容と補償額などについて概要をご紹介します。
対物賠償保険の金額はいくら?無制限がいい?
対物賠償保険の内容と補償額として必要になる金額はいくらぐらいでしょうか?これも保険金額を無制限対に設定すべきでしょうか?人賠償保険と並ぶ自動車保険のキモとなる対物賠償についてご紹介します。
人身傷害補償特約は必要?搭乗者傷害保険との違いは?
自動車保険の特約として欠かせないものが人身傷害補償特約と搭乗者傷害保険。これは保険の契約車に乗っている人に対しての補償であり、事故の際過失の有無や割合などに関係なく支払われるものです。
自動車保険料の相場や平均額はいくら?
自動車保険を選ぶ時に一番のポイントが保険料ですよね。そして保険会社や種類によって保険料に大幅な差があるのが現実ですが、自分の保険料と比較して他のひとがいくら位払っているのか相場や平均額が気になりますよね。