対人賠償保険 無制限 同乗者

対人賠償の対象、内容と補償額

対人賠償の対象となるのは、加入していればどんな人でも保障されるというものではありません。

 

補償されるのは、他人を怪我させたり、死亡させてしまった場合に限定されます。

 

他人というのは、被保険者以外の人のことです。

 

被保険者とは、保険を申し込んだ契約者とその配偶者、記名被保険者の配偶者の同居の親族、記名被保険者。

 

さらに、その配偶者の別居の未婚の子、記名被保険者の承諾を得て車を使用または管理中の者、記名被保険者の使用者をいいます。

 

対人賠償の内容は、各損保会社の支払い基準によります。

 

また交渉や訴訟、示談などの結果によって支払額が確定した場合に、保険金額を限度として確定した金額が支払われることになります。

 

自賠責保険の場合、被害者に重過失がない限り、過失相殺に伴う減額はありません。

 

しかし、対人賠償の場合、被害額全額に対して過失相殺を行い、支払額を決定します。

 

対人賠償の補償額は、それぞれ保険会社によって額が決められていて、自由に設定することができますが、事故後、さらに不幸にならないようにするには、無制限に加入しておくべきでしょう。

保険で最も重要な対人賠償

対人賠償保険というのは、保険で最も重要と言われています。

 

自動車事故で人を死傷させてしまった場合、賠償金が数億円など多額になることがよくあります。

 

そうなった時に役に立つのが対人賠償保険で、無制限の条件で契約すれば、高額な賠償に対応できます。

 

自賠責保険の補償額は、死亡で最高3,000万円、後遺障が残った場合で最高4,000万円、傷害の場合で最高120万円なので、いざ事故が起こった場合、この額では賠償金を支払い切れません。

 

対人賠償保険に入ってないと大きな負債を抱える可能性があるので、対人賠償保険は自動車保険の中でも、最も重要な保険と言われています。

 

対人賠償保険は、任意保険を構成する要素のなかでも、事故の相手方に対する賠償責任であり、他人を死傷させてしまったときに備える保険であることから、最も重要なパーツの一つとして位置付けられています。

 

対人賠償保険の補償額は、無制限を選択するのが一般的で、自賠責保険に少し上乗せするだけではいざという時に間に合いません。

 

高額の賠償額に対応するには、無制限の加入が必須で、強く推奨されています。

対人賠償額は原則として無制限

車の保険で対人賠償額保険に入る際は、無制限にすべきです。

 

対人賠償保険というのは、文字通り、車を運転中、事故などで他人を死傷させた場合、自賠責保険の支払い額を超える部分を補填するものです。

 

一般的に、自賠責保険の補償額は、1人につき、死亡の場合、最高3,000万円と言われていて、後遺障害の場合でも最高4,000万円です。

 

これらの額を考えると、とても十分とはいえず、対人賠償額保険でカバーするしかありません。

 

また、最近では、人身事故で賠償金が1人1億円を超えることも珍しくないので、対人賠償額に加入する際は、無制限にしておくべきでしょう。

 

事故を起こす際、相手を選ぶことはできないので、お金持ちの人であっても、常に大丈夫なように保険で備えておかなくてはなりません。

 

過去の交通事故賠償での高額判例を見ると、2億円以上の賠償と言う例もチラホラ見られます。

 

保険金額が2億円と無制限ではあまり保険料に差はないので、2億円以上の補償を確保したいときは、無制限がベストなります。

 

対人事故での賠償金額は、上限を推し量ることができないので、一般的には、保険金額は無制限が推奨されています。

関連ページ

自賠責保険と任意保険の違い
自賠責保険と任意保険の違いについてご紹介します。自賠責保険は車の購入時や車検時に必ず加入する必要があります。任意保険は文字通り加入は任意ですが現在までの多様な事例から加入は必須と言えます。
自動車保険の等級は事故によって変わる
自動車保険の保険料を決める大きな要素の一つに等級があります。正式にはノンフリート等級制度といいドライバーの事故歴に応じ保険料の割引・割増を適用するランキングのことです。
対物賠償保険の金額はいくら?無制限がいい?
対物賠償保険の内容と補償額として必要になる金額はいくらぐらいでしょうか?これも保険金額を無制限対に設定すべきでしょうか?人賠償保険と並ぶ自動車保険のキモとなる対物賠償についてご紹介します。
人身傷害補償特約は必要?搭乗者傷害保険との違いは?
自動車保険の特約として欠かせないものが人身傷害補償特約と搭乗者傷害保険。これは保険の契約車に乗っている人に対しての補償であり、事故の際過失の有無や割合などに関係なく支払われるものです。
自動車保険料の相場や平均額はいくら?
自動車保険を選ぶ時に一番のポイントが保険料ですよね。そして保険会社や種類によって保険料に大幅な差があるのが現実ですが、自分の保険料と比較して他のひとがいくら位払っているのか相場や平均額が気になりますよね。
自動車保険と運転者の年齢
自動車保険の保険料を決める要素のひとつが運転者の年齢。保険により差はありますが一般的に運転者の年齡が低いほど保険料が高くなる傾向です。