対物賠償保険 金額 無制限

対物賠償の内容と補償額

対物賠償の内容は、幅広く、車や建物をはじめ、様々な商品が補償されます。

 

直接的な損害への補償については、車両、標識、ガードレール、家屋、商業用車両、商業施設があります。

 

間接的な損害への補償については、商業用車両の逸失利益、商業施設の逸失利益、従業員の給与、廃棄した商品の補償などがあります。

 

対物賠償の補償額は、段階的に分かれていて、無制限、5000万円、1000万円などと分かれています。

 

補償額の細かな額については、保険会社によってさまざまです。

 

何があるかわからないので、無制限がおすすめです。

 

補償額を決めるのは、個人の自由ですが、保険料を抑えたい場合でも2000万円以下の設定は避けた方がいいでしょう。

 

対物賠償で気をつけなければならないのは、過失割合が関与することです。

 

車同士の事故の場合、相手方の車の損害が100万円の場合、5:5の事故であれば50万円、7:3の事故なら70万円の賠償責任が生じることになります。

 

対物賠償で補償される金額は、損害額合計に、モノを壊した人が損害賠償するべき過失割合をかけたものが、対物賠償保険の補償金額になります。

対物賠償の対象になるものは?

対物賠償保険で補償される範囲は、対人賠償保険と同じく、他人の財物に限られます。

 

そのため、保険を申し込んだ契約者やその配偶者、父母、子供、あるいは、被保険自動車を運転中の人とその配偶者、父母、子供、記名被保険者の使用者が管理している財物は含まれません。

 

対象になるものは、自動車事故で破損させてしまった他人の所有物に限られ、対物賠償の対象となるものの所有者である他人というのは、自分以外の全ての人間をさすわけではありません。

 

ちなみに、飲酒運転をしていた場合でも、他人の財物に損害を与えてしまった場合、対物賠償保険は支払われます。

 

自分の車は他人に当てはまらないので、対物賠償保険は支払われず、そうした場合に自分の車を補償してもらうには、車両保険に加入しておかなくてはなりません。

 

但し、ガードレールの修理代は対物賠償保険で補償されます。

 

誤ってコンビニに衝突してしまって店舗の一部や商品を破損させてしまった場合は、問題なく対物賠償保険で補償されます。

 

この場合、店舗の修理代の他、破損させてしまった商品代金、店舗の修理が終わるまでの休業損失なども対物賠償保険で補償されます。

対物賠償額はいくら必要?

車の保険に入る場合、対物賠償額はいくら必要なのでしょう。

 

車同士の事故の場合でも相手の車両が高額な場合や相手車両が複数の場合、損害賠償額は高額になります。

 

対物賠償額がいくら必要なのかは、個人の価値観によりますが、判例を見る限りでは、1億円の賠償金額となったのはごくわずかで、ほとんどが1千万円台です。

 

それを参考にすると、保険料を節約したい場合、対物賠償はそこそこの金額でいいかもしれません。

 

しかし、最近は1億円を超える賠償の判例も増えつつあるので、お金に余裕のある人は、無制限の対物賠償を設定しておいた方がいいでしょう。

 

自動車保険には、対人と対物がありますが、最近では対物事故でも高額の賠償事例が増えてきているので、保険の契約時に、対物賠償の補償を無制限ですすめる保険会社が多くなってきました。

 

但し、そうなると、莫大な保険料を支払わなければなりません。

 

1億円以上の賠償金を請求されるケースは、毛皮などの高額な積荷を積んだトラックとの衝突や、金額の高い商品が入っている倉庫への衝突、電車との接触、衝突、線路の損壊などが挙げられます。

関連ページ

自賠責保険と任意保険の違い
自賠責保険と任意保険の違いについてご紹介します。自賠責保険は車の購入時や車検時に必ず加入する必要があります。任意保険は文字通り加入は任意ですが現在までの多様な事例から加入は必須と言えます。
自動車保険の等級は事故によって変わる
自動車保険の保険料を決める大きな要素の一つに等級があります。正式にはノンフリート等級制度といいドライバーの事故歴に応じ保険料の割引・割増を適用するランキングのことです。
対人賠償保険は無制限?同乗者の保証は?
対人賠償保険は自動車保険にとって一番の目的といえるものです。対物賠償と並んで欠かすことのできないものとなっています。その対象、内容と補償額などについて概要をご紹介します。
人身傷害補償特約は必要?搭乗者傷害保険との違いは?
自動車保険の特約として欠かせないものが人身傷害補償特約と搭乗者傷害保険。これは保険の契約車に乗っている人に対しての補償であり、事故の際過失の有無や割合などに関係なく支払われるものです。
自動車保険料の相場や平均額はいくら?
自動車保険を選ぶ時に一番のポイントが保険料ですよね。そして保険会社や種類によって保険料に大幅な差があるのが現実ですが、自分の保険料と比較して他のひとがいくら位払っているのか相場や平均額が気になりますよね。
自動車保険と運転者の年齢
自動車保険の保険料を決める要素のひとつが運転者の年齢。保険により差はありますが一般的に運転者の年齡が低いほど保険料が高くなる傾向です。