人身傷害補償特約 必要 搭乗者傷害保険

人身傷害補償特約とは

人身傷害補償特約とは、運転している人や同乗者が事故に合い怪我をした場合に治療費などを補償してくれるものです。事故が起きると問題になるのが過失割合というものです。

 

聞いたことがあると思いますが、相手方の補償は過失割合に対して決まってきます。人身傷害補償特約の良い所は、この過失割合が関係ないところです。

 

保険料を上限にして損害額に対して支払われるのでトラブルが少ないと思います。事故が起きると相手側との示談交渉など面倒なことが発生しますが、それらを避けることができます。

 

面倒なことがない分迅速に保険金が支払われるというメリットがあります。人身傷害補償特約には、契約している車に登場している時のみに限定されるものとそうでないものがあります。

 

限定されている場合には補償の範囲が限られているので、保険料を安く抑えられるというメリットもあります。

 

どちらを選ぶかは個人の判断にもよりますが、保険料を節約したいのであれば搭乗中のみと限定されている方でも良いかもしれません。特約はいざという時に安心ですから、よく考えて選びましょう。

関連ページ

自賠責保険と任意保険の違い
自賠責保険と任意保険の違いについてご紹介します。自賠責保険は車の購入時や車検時に必ず加入する必要があります。任意保険は文字通り加入は任意ですが現在までの多様な事例から加入は必須と言えます。
自動車保険の等級は事故によって変わる
自動車保険の保険料を決める大きな要素の一つに等級があります。正式にはノンフリート等級制度といいドライバーの事故歴に応じ保険料の割引・割増を適用するランキングのことです。
対人賠償保険は無制限?同乗者の保証は?
対人賠償保険は自動車保険にとって一番の目的といえるものです。対物賠償と並んで欠かすことのできないものとなっています。その対象、内容と補償額などについて概要をご紹介します。
対物賠償保険の金額はいくら?無制限がいい?
対物賠償保険の内容と補償額として必要になる金額はいくらぐらいでしょうか?これも保険金額を無制限対に設定すべきでしょうか?人賠償保険と並ぶ自動車保険のキモとなる対物賠償についてご紹介します。
自動車保険料の相場や平均額はいくら?
自動車保険を選ぶ時に一番のポイントが保険料ですよね。そして保険会社や種類によって保険料に大幅な差があるのが現実ですが、自分の保険料と比較して他のひとがいくら位払っているのか相場や平均額が気になりますよね。
自動車保険と運転者の年齢
自動車保険の保険料を決める要素のひとつが運転者の年齢。保険により差はありますが一般的に運転者の年齡が低いほど保険料が高くなる傾向です。