自賠責保険 任意保険 違い

自賠責保険と任意保険の違い

みなさんは自動車保険が大きく分けて2種類の保険があるということをご存知でしょうか?

 

この2種類の保険ってどんな保険なの?と疑問を感じている人がインターネットの質問サイトなどでこの質問をしている人が多くいます。

 

実際には自動車保険は大きく分けて「自賠責保険と任意保険」の2種類の自動車保険があります。

 

これらの保険は性質が全く異なるものになりますので、まずは自賠責保険と任意保険の違いをしっかりと理解することが重要になってきます。

 

まず自賠責保険ですが、これは強制保険とも言われている保険です。
自賠責保険は法律によってクルマを所有する方に加入が義務付けられた「国の制度」になりますので、誰でも必ず保険に加入しなければいけません。

 

この自賠責保険に加入しないと「1年以下の懲役、または50万円以下の罰金」など重い罰則が定められていますので、安易な気持ちで考えないで自賠責保険は必ず加入するようにしてください。

 

逆に任意保険の特徴はクルマの所有者が任意的に加入する保険のことで、自賠責保険で賄えない補償を補うために必要不可欠とされています。
任意とされているのですが自賠責保険では補えない部分をしっかりと補ってくれるので加入するのが当たり前になっています。

関連ページ

自動車保険の等級は事故によって変わる
自動車保険の保険料を決める大きな要素の一つに等級があります。正式にはノンフリート等級制度といいドライバーの事故歴に応じ保険料の割引・割増を適用するランキングのことです。
対人賠償保険は無制限?同乗者の保証は?
対人賠償保険は自動車保険にとって一番の目的といえるものです。対物賠償と並んで欠かすことのできないものとなっています。その対象、内容と補償額などについて概要をご紹介します。
対物賠償保険の金額はいくら?無制限がいい?
対物賠償保険の内容と補償額として必要になる金額はいくらぐらいでしょうか?これも保険金額を無制限対に設定すべきでしょうか?人賠償保険と並ぶ自動車保険のキモとなる対物賠償についてご紹介します。
人身傷害補償特約は必要?搭乗者傷害保険との違いは?
自動車保険の特約として欠かせないものが人身傷害補償特約と搭乗者傷害保険。これは保険の契約車に乗っている人に対しての補償であり、事故の際過失の有無や割合などに関係なく支払われるものです。
自動車保険料の相場や平均額はいくら?
自動車保険を選ぶ時に一番のポイントが保険料ですよね。そして保険会社や種類によって保険料に大幅な差があるのが現実ですが、自分の保険料と比較して他のひとがいくら位払っているのか相場や平均額が気になりますよね。
自動車保険と運転者の年齢
自動車保険の保険料を決める要素のひとつが運転者の年齢。保険により差はありますが一般的に運転者の年齡が低いほど保険料が高くなる傾向です。