自動車保険 基礎知識

自動車保険の基礎知識

自動車保険は様々な基礎知識をしっかりと身につけてから保険を検討することが重要になってきます。

 

実際に自動車保険のパンフレットに出てくるいくつかの専門用語にしっかりと対応している必要があります。

 

専門用語が難しいからと言って敬遠しがちですが、全部理解する必要はありません。

 

まずは自動車保険の基礎知識をしっかりと自動車保険の正しい知識を身につければ、自分が必要なのか不必要なものなのかをしっかりと理解することができます。

 

自動車保険の基礎知識としてまずは2つの保険があることをしっかりと理解しておく必要があります。

 

この2つの保険はどのような保険なのか?というと、自賠責保険と任意保険があります。

 

自賠責保険は強制保険と言われている保険になりますので、必ず自賠責保険は強制保険と言われているのでこの自賠責保険は強制保険になるので必ず自賠責保険は加入するようにしてください。

 

逆に自動車保険の任意保険は任意で加入する保険になりますので強制ではありません。
このようにまずは自動車保険の基礎知識をしっかりと身につけてください。

自動車保険の基礎知識記事一覧

みなさんは自動車保険が大きく分けて2種類の保険があるということをご存知でしょうか?この2種類の保険ってどんな保険なの?と疑問を感じている人がインターネットの質問サイトなどでこの質問をしている人が多くいます。実際には自動車保険は大きく分けて「自賠責保険と任意保険」の2種類の自動車保険があります。これらの保険は性質が全く異なるものになりますので、まずは自賠責保険と任意保険の違いをしっかりと理解すること...

車の保険に加入している人は保険の等級があることがご存知でしょうか?この自動車保険の等級制度はどのような保険の制度なのか?それは自分が契約した自動車保険の契約した人の事故歴に応じた保険料の割引・割増を適用する制度です。基本的に自動車保険の等級制度はどれくらいの等級があるのかというのをご存知でしょうか?実際に自動車保険の等級制度は20段階に区分されていて、1等級〜20等級の20段階に区分されているのが...

対人賠償の対象となるのは、加入していればどんな人でも保障されるというものではありません。補償されるのは、他人を怪我させたり、死亡させてしまった場合に限定されます。他人というのは、被保険者以外の人のことです。被保険者とは、保険を申し込んだ契約者とその配偶者、記名被保険者の配偶者の同居の親族、記名被保険者。さらに、その配偶者の別居の未婚の子、記名被保険者の承諾を得て車を使用または管理中の者、記名被保険...

対物賠償の内容は、幅広く、車や建物をはじめ、様々な商品が補償されます。直接的な損害への補償については、車両、標識、ガードレール、家屋、商業用車両、商業施設があります。間接的な損害への補償については、商業用車両の逸失利益、商業施設の逸失利益、従業員の給与、廃棄した商品の補償などがあります。対物賠償の補償額は、段階的に分かれていて、無制限、5000万円、1000万円などと分かれています。補償額の細かな...

人身傷害補償特約とは、運転している人や同乗者が事故に合い怪我をした場合に治療費などを補償してくれるものです。事故が起きると問題になるのが過失割合というものです。聞いたことがあると思いますが、相手方の補償は過失割合に対して決まってきます。人身傷害補償特約の良い所は、この過失割合が関係ないところです。保険料を上限にして損害額に対して支払われるのでトラブルが少ないと思います。事故が起きると相手側との示談...

まず、純保険料と付加保険料率に分けられ、付加保険料率には、代理店手数料、社費率、利潤があります。純保険料とうのは、契約者に保険金を支払うための原資で、付加保険料は、純保険料以外に保険会社を運営するために必要なコストになります。代理店手数料とは、代理店が保険会社の代理で保険契約の締結をすることで支払われる手数料を指します。社費は、広告費、人件費、各地の支店等の物件費などを含む保険会社を運営するための...

自動車保険の年齢制限は年齢制限なし21歳以上26歳以上30歳以上35歳以上と一般的に分けられていました。事故を起こす確率は免許取りたての若い人に集中して多いこと、そして20代から30代へと、事故率が徐々に下がっていくことからこのように設定されたのです。自動車保険の年齢制限は事故を起こす確率が低い人ほど保険料が下がるという制度になります。しかし、このままでは40〜50代、60代になっても同じ保険料と...